FC2ブログ
いいものみ~つけた! : いいな~と思った ものをご紹介。

いいものみ~つけた!

いいな~と思った ものをご紹介。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

supernova / カルマ |BUMP OF CHICKEN

うむ。




またバンプオブチキンですね。



supernova / カルマsupernova / カルマ
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー
発売日 2005-11-23






青く熟れ 2005-11-05
その声を望んでいる。
その音を求めている。
両A面であるが、カルマに比べsupernovaはタイトルのわりに地味な印象を受けた。日本語にしてみるとカルマは無風・凪、supernovaは超新星。藤原基央の思惑はまだわからないし異義なのかもしれないが、もしこうだと仮定するとやはり後者のほうの曲はタイトル負けしてしまっているような気がする。私はタイトルだけを知ったときELLEGARDENのsupernovaを思い出したのだが、これはきらきらと輝くチューンであり、バンプのほうもこういった楽曲なのだろうかと想像した。そういった先入観の所為である。
藤原基央はきらきらも失恋も唄ってはいなかった。
「あの曲のようだ」と比較するのはバンプにおいてはできないと思う。彼らは常に今を唄い、彼らは常にBUMP OF CHICKENだからだ。音が地味なのは彼らの生き様が素朴なのだろうか、必然という言葉が当てはまる。無駄な音はなく、足りない音もない。
今までにも、バンプにはほんの些細なことから自分を見つめなおすといった楽曲はいくつかあった。それは元々バンプの作風の中に根付いていたものではなく、彼らが大人になっていくと共に現れ、今ではバンプにしかできない武器にまで練成された。しかしその楽曲たちは、時に身近すぎて柔らかな印象を与えるものの、初期の荒削りながら青く鋭利な音や詞を望む者を生んだのではないだろうか。またその反対もあるだろう。
生きるということは、時に優しく、時に痛い。生きるということは、日常であって冒険でもある。そのふたつの局面を、supernovaとカルマという形で明瞭に表してくれると期待しているし、リスナーは彼らを信じるだろう。
楽器や曲調の変化が著しいバンプだが、根底の信念というのだろうか、思想は変わらずに生きている。
生きている。


さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aziazi.blog58.fc2.com/tb.php/158-c69bdb44

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。